精油の相性とノート

香りをブレンドするには、香りの相性と特徴(ノート)があります。
香りの相性と特徴を少しでも覚えていれば、自分なりのブレンドができ、香りの新たな発見ができるかもしれません。
 

香りの相性

 

ルームスプレーや香水を作るうえで大切な相性。特徴から7つのグループに分けられます。
下記の図のように花系・柑橘系・ハーブ系・樹木系・スパイス系・樹脂系・エキゾチック系に分けられ、隣同士のグループは相性がいいとされています。初めてブレンドに挑戦する人は参考にしてみて下さい。
試しているうちに、意外な発見をする事があるかもしれません。自分好みの香りを作ってみましょ。


花系 華やかで爽やかな甘みのある香りが特徴的。

ラベンダー・ゼラニウム・ジャスミン・カモミールジャーマン・カモミールローマン・ネロリ・ローズアブソリュート・ローズオットー ・・・ 
 

柑橘系 柑橘果物の爽やかでフレッシュな香り。子供から年配の方まで好まれる香り。

スイートオレンジ・グレープフルーツ・ベルガモット・レモン・メリッサ(レモンバーム)・レモングラス ・・・ 
 

ハーブ系 清涼感のある爽やかな香りが特徴的。

クラリセージ・ペパーミント・ローズマリー・マジュラムスイート ・・・ 
 

樹木系 森林の中にいるような気持ちにさせてくれる香り。

サイプレス・ジュニパーベリー・ティートリー・ユーカリ ・・・ 
 

スパイス系 香辛料からの抽出でスパイシーで刺激のある香り。

ブラックペッパー ・・・ 
 

樹脂系 木の樹脂から抽出され、濃厚または独特の甘さをもつ香り。

フランキンセンス・ミルラ・ベンゾイン ・・・ 
 

エキゾチック系 神秘的で独特な香りが特徴的なものが多い。

イランイラン・サンダルウッド・パチュリ・ベチバー ・・・ 

※あくまでも参考なので、自分の香りを探してみるのも楽しみの一つです






 

ノート(揮発速度)

ノートは香水など香りをブレンドするときにすごく重要になります。初めに香る物、時間が経つと香る物。知っておけばオリジナルの香りを作るとき、時間差で香りを楽しめるようになります。

 

トップノート

最初に感じることのできる「先立ち」の香り。長い時間持続しないため、第一印象を与えたい香りを選ぶといいです。
*スイートオレンジ *ベルガモット *グレープフルーツ *レモン *ユーカリ 
*ティートリー *レモングラス *ペパーミント
 

トップ〜ミドルノート

*クラリセージ *レモングラス
 

ミドルノート

トップノートの香りが弱まってから個性を主張してくる。中核を担う存在となります。
*カモミール(ジャーマン・ローマン) *ブラックペッパー *メリッサ(レモンバーム) *サイプレス *ラベンダー *ジャスミン *ローズ(アブソリュート・オットー) 
*ジュニパーベリー *マジュラムスイート *ローズマリー *ゼラニウム *ネロリ
 

ミドル〜ベースノート

*イランイラン *フランキンセンス(乳香)
 

ベースノート

トップ・ミドルノートの香りが去ってから徐々に存在を表してくる。持続性が高く、ブレンド後は香りを感じづらいからといって多めのブレンドには注意が必要です。
*サンダルウッド(白檀) *ベチバー *ベンゾイン(安息香) *パチュリ *ミルラ(没薬)